« 短文 | トップページ | 続き↓ »

2005年8月20日 (土)

語りまくりなしばやん 笑

 今日は仕事でちょっとした緊急事態があり、おかげで通院送迎走りまくった。お昼を食べたのも3時になった。疲れたがある意味、利用者に迷惑がかからなかったので充実していたかも。

 車の運転は長時間になると腰が痛くなるが、一番辛いのは神経を使うことだ。特に利用者様を乗せてるときは気を抜けない。もちろん会話もしないといけないし、体の状態についても情報収集しないといけない。短時間だが、安全と質の高いサービスが必要不可欠だ。
 日頃は事務中心で電話応対や手配、日報つくりをしているが、実際走ると改めて通院送迎の大変さを味わうことができた。ただ単に人を運ぶのではなく、そこにそれぞれの人生観や苦労話なんかがあって、やっぱ人間って奥深いなぁって思ってしまう。

 大学の時、心理学を少し勉強したが、実際社会に出ると、色んな人生を背負った方々と出会い、新しい発見をする。教科書には載っていない実感として感じる何か、それがあるからこの仕事は辞められない。一言でお年寄りといってもほんと様々だ。一日中愚痴を言ってる人もいれば、ずっと感謝感謝の人もいる。
 ふと自分は将来どんなお年寄りになるのだろうって思う時がある。おそらくこれから色んな想像も付かないことが起こるだろう。それによって変えられてしまうし、また変わっていくだろう。 

 少し重たい話だが、去年透析導入となり、必ず透析をしないと生きて行けない自分がいる。全国におよそ22万人程の透析患者が居るが、人数ではなくそこに関わる家族を含めると何か感慨深いものがある。何も腎臓病だけではなく、障害を持った方やコンプレックスを背負って下向きに生きてる人もいる。

 僕の場合は正直、透析になった時点で一度死んだと思っている。もし40年早く生まれていたら。じっと死を待って生きてるだけ。ほんと現在、医療の発展に助けられてる。もし僕がアフリカで生まれていたら、原因も分からず苦しみながら死んでいく。
 どうして日本に、どうしてこの時代に生まれてきたんだろう。そう考えると何か意味があって生まれてきたのだろうか。(つづく↓) 

|

« 短文 | トップページ | 続き↓ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185706/11283672

この記事へのトラックバック一覧です: 語りまくりなしばやん 笑:

« 短文 | トップページ | 続き↓ »