« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月26日 (金)

再びボーリング☆

 まだ筋肉痛が治り切っていないが、昨日会社の上司と再びボーリングをした。5ゲームしたのでさすがに後半はバテた。

 ただ3ゲーム目で3連続ストライクが出て、176とハイスコアを出せた!これほど、ストライクが出たのは高校の時以来だ。
 球は9ポンドと軽かったが、完全にストライクのコースがよめた☆
 ただどうしても右端の1ピンが取れない。次回の課題だ。

 来月のボーリング大会は2ゲームしかないので、最初から飛ばしていかないと行けない。
 まあ気楽に楽しみます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

食事会&ボーリング

 今日は会社の食事会があった。しゃぶしゃぶ食べ放題で、かなり美味しかった☆ 飲まなかったが充分楽しめた。

 その後、ボーリングに行ったが、散々な結果だった。。 3ゲームしてハイスコアが115だった。久しぶりにしろかなり悲惨な感じだった。ストライクどころかスペアすらとれない。ガーターも多かったし、ほんと諦めが付くくらいひどかった。

 来月、大腎協青年部のボーリング大会があるので、今度こそ良い結果を残したい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

音楽

 ウォーキングを始めて1週間になる。ほぼ毎朝、6時に起きて歩いている。朝は空気もキレイで清々しいので歩き易い。
 なんとか健康のためにも続けていきたい☆

 それにしても資格の教材を申し込んだのに未だに来ない。なんかせっかくやる気を出してやろうとしているのに拍子抜けだ。。
 まあ試験は来年なんで焦らずやろう。

 もうすぐレミオロメンのアルバムが発売される。この前買ったDVDもなかなか良かった。メロディと歌詞がかみ合っているので思わず口ずさんでしまう♪ ライブだともっと良いと思うが、再来月のコールドプレイの方ががぜん楽しみだ!ボーカルの高音とギターの独特なリフ、そしてピアノの音響が重なって、ほんとヤバイって感じだ。到底、自分には出せない音質だし、またU2とは違った感じだ。4月の延期のチケットももう払い戻ししたし、今度また来日しても多分観に行かないだろう。なんか冷めたって感じだ。もちろん事情もあるかもしれないが、あまりにも完璧主義なところがロックじゃないって感じがした。
 今はコールドプレイ一色で、透析中もずっと聴いている。苦しみも痛みも消えていく。人は裏切るけど、音楽は決して裏切らない! これは座右の銘みたいなものだが、音の流れに身を任せて生きると、ほんと風が吹いたように心が落ち着く。僕もこんな音楽を創ってみたい☆ 人が聴いて心落ち着いて、都会のオアシスに居るように感じてもらえたら最高だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

路上ライブ&ウォーキング

 昨日の夜、久々に仲間と集まって路上をした☆ 通りかかりのオーストラリアの若者も入って、盛り上がった。けっこうソウルフルで歌が上手かったからビックリした!

 途中、雨がけっこう降ってきたが、歌いまくって楽しかった。
いつもの場所が、他の人に先取りされていたが途中からまた戻ってできた。やっぱ皆で歌ったりギターを弾いたりタイコを叩いたりすると迫力が違う。仲間の一人が、いつもドラムだが、ギターを練習していて、けっこう弾けていたのでビックリした。
 僕もまた近々ギターを買うので、また練習に熱を入れたい。
やっぱ一人暮らしのマンションの近くのスタジオはなかなか練習に行けないので、実家に帰った時は欠かさずギター弾きながら歌うようにしている。
 また時間が合えば、ぜひ皆で路上ライブをしてみたい。

 
 それと最近、早朝ウォーキングを始めた。目標は5時に起きることだが、朝、目覚めて軽く体操して近所の道をグルッと歩いた。
 朝は空気がキレイで、ほんと清々しい★
最初から飛ばすと続かないので、1キロくらいを10分から15分かけて歩く。少し早歩きで、汗がにじむ程度にしている。

 帰ってから、しっかり朝食を食べるのも目的のひとつだ。なかなか朝は、特に透析の次の日の朝はありえなくらいキツイ吐き気がするので食事をしっかりとれないでいる。
 血圧と体温の関係もあるかもしれないが、ウォーキングで血流をよくし朝からしっかり食べて、体力をつけたい。
 同時に記録もつけているので、何とか毎日続けて、基礎体力を養いたい。また途中で見たことや感じたことを書くつもりなので宜しく☆

 それにしても最近カラスをよく見かける。この前も家の近くの道に置いてあったゴミを散らかしていた。堺市は政令指定都市になったことだし、カラスやゴミ対策にも行動を起して欲しいものだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »